生命保険の保証期間を見直すポイントについて

生命保険の保証期間は、保険の保障が有効となる日数の事です。生命保険の適用期間中へと起こった、支払い原因や理由などに対して、保険金が必ず払われます。

 

例えば65歳までが上限とされている、保証期間での定期保険へと入っていた場合では、64歳で亡くなったケースだと、保険金が確実に受け取れます。但し66歳で死亡すると、保険金は一切受け取れません。

 

生命保険の保証期間には、ある一定日毎にきちんと分けられている『定期型』と、死ぬまで一生涯保証期間が続く『終身型』である、合計2つのタイプが存在します。

 

更に『定期型』では、全て自動によりちゃんと更新されるものや、更新期間により、契約年数がはっきりと決定される、『年満了』や、年齢に限度を設ける『歳満了』などがございます。

 

保証期間の種類に関して

定期型とは?

年満了・5年・10年・20年のように、保証期間が一定の日数によって、ちゃんと決められているタイプです。契約先の生命保険会社へと、一々知らせなくても、自動更新されるものが非常に多く、更新する度に保険料金が段々と増えて行きます。

 

歳満了とは?

『60歳』までや、『70歳』までのようにして、ある年になるまで、保証期間を設けている種類です。更新する為には契約先の保険業者へと、ちゃんと告げて行かなくてはなりません。

 

終身型とは?

保証期間が一生の間、ずっと続いて行くタイプの保険です。保険料に関しては、加入しても上がって行かない特徴があります。定期型は若い頃では、保険料自体がとても安いと言う、素晴らしい利点を持っています。しかし更新する毎へと、保険料金がどんどん上がって行くきます。なので保証期間が30年以上となるパターンですと、保険料の総合支払い金額が、終身型よりも、明らかに増えてしまう、思わぬ欠点などが潜んでおります。

 

保証期間の決定方法とは?

生命保険の保証期間を決める時には、下記の事などを慎重にチェックしながら、本当に自らに適しているものを、賢く選び出さなくては行けません。

 

1⇒契約する生命保険の保証内容へと、一生涯が絶対に必要となるのか?

 

2⇒家計の負担をなるべく抑えたいか?

 

3⇒結婚式や赤ちゃんの出産など、重要なライフイベントが以後に控えているか?

 

4⇒老後の保険料金が上がるの備えたい

 

上記の中で1番最後に挙げた、『老後の保険料アップに備えたい』と言う人達には、保険料金が全く変化しない終身型を、是非オススメ致します。

 

生命保険,保証期間,見直す,ポイント

関連ページ

学資保険を考えるポイントとは。
子どもが生まれてすぐに学資保険への加入を考えました。何社もの保険会社を扱っている保険ショップへ行き、無料で相談に乗ってもらいました。まず学資保険の種類の多さに驚きました。