がん保険は必要ないと思っていた私が加入した理由

がんは高齢になってからかかる病気とは限りません。若い人でも発症する人もいますし、特に女性の方は若くして乳がんにかかる人も増えているようです。そんな私は最近までがん保険に加入しなくても良いと思っていました。というのは、医療保険に入っているから入院中は給付金が出るし、そもそも今がんになるリスクも低いので、慌てて加入する必要もないと思っていたのです。

 

しかし、医療保険の見直しをする際にファイナンシャル・プランナーに相談したところ、がん治療の特性について聞いたのです。それは、がんは入院するより、通院して治療する傾向にある、ということでした。しかも、長い期間通わないといけないそうです。そうすると、手術したり入院中だけ給付金がおりる医療保険では、治療費が足りなくなる可能性が出てきます。高額療養費の制度もありますが、毎月約10万円も支払っていると貯蓄はすぐ底をついてしまいます。さらに、治療中は身体的・精神的に仕事をすることは困難かもしれません。

 

検討した結果、がん保険に加入することにしました。(私は医療保険のがん特約をつける形で加入しました。)一時金をもらえるタイプか通院日額いくらか、など様々なタイプがあります。私はがんの治療が通院で治療する傾向を重視したので、通院で給付金がおりるタイプにしました。がんと診断されたら一時金をもらえるタイプですと、給付金の使い道がいろいろ選べるので便利かもしれません。

 

昔はがんは不治の病と言われていましたが、現在は治療できる病気になりつつあります。ただ、その結果皮肉にも治療費がかさむようになってしまいました。さらに入院はわずかで長期間通院するなど、治療方法も変わってきています。私は今後もがん治療の動向を見て、変わるようであればその時に合った保険が出ればまた見直しをする予定です。

 

がん保険,必要ない

関連ページ

父が教えてくれえたこと。
人一倍元気だった父が、がんで4年前に亡くなりました。あまりに元気で、まさかそんな急に亡くなると思っていなくて、とてもショックでした。亡くなってから母が、がん保険に入っていたと、約款を出してきたら、なんとペランペランな薄いほんの数枚の紙。「本物?かな」と思って調べたら、がん保険が日本に初めてできた時に入った時のもので、父が会社員の当時会社で加入したものでした。
今の時代は通院治療重視のがん保険の検討が必要です
がん保険については加入する年代によって考え方が変わってきます。がんにかかる確率は年と共に高まるので年齢が高くになるにつれて保険料が高くなります。
がん保険を選ぶなら一括受取りがお勧め
がん保険の種類は沢山あります。最近はがんの通院治療も多く、昔にはなかったタイプの通院特約があります。確かに、最近の病院はがんの人でも早期退院させるという事が多くなっています。
絶対入るべきはがん保険です
主人が大腸がんになり、1ケ月程入院しました。がん保険や生命保険にはいっておらず、貯金もなかったので現在も病院に対して分納で治療費を納めています。
がん保険|元がとれると云う視点で
結婚するまで保険には何も入ってませんでしたが、結婚をした年に手術する経験をした事もあり結婚を機に一通りの保険に加入しました。とは云えガン保険以外は手術をしてる事からしばらく入れなかったんですが。
アフラックのがん保険
がん保険とは普通の医療保険とは違い、がんに特化した保険となっています。もちろんがんになった場合しか保険金はもらえません。死亡保険金がついている場合ですと、もし亡くなっても原因ががんと全く関係ないと保険金はでません。