アフラックのがん保険

がん保険とは普通の医療保険とは違い、がんに特化した保険となっています。もちろんがんになった場合しか保険金はもらえません。死亡保険金がついている場合ですと、もし亡くなっても原因ががんと全く関係ないと保険金はでません。よく「医療保険だけ入っておけばがんでもがん以外でも保障されるんだからそれだけ入っておけばいいわよ」という人がいますが、これは全くの間違いです。がん保険はがん以外には出なくてとても不便だと思われがちですが、がんになった場合にはとても助かる保険です。

 

今の時代は2人に1人ががんに罹患するといわれています。つまり奥さんや旦那さんどちらかはがんになる計算です。これはとても身近な病気で罹患してしまうと長期間つきあっていかなければなりません。治療をしながら何年も何年もつきあっていくのです。その場合膨大な治療費がかかります。現代の治療法は検査で通院し1週間程度の入院でその間に手術をし、あとは通院で抗がん剤治療をしたりホルモン療法・放射線治療などの化学療法を行ったりするというケースが一般的なようです。

 

抗がん剤は1回5万円(10割負担の場合)から何十万と高額な投薬量がかかります。放射線治療にも先進医療扱いのものもあるので全く保険がきかず、全額自己負担でないといけないものもあります。つまりお金=備えがないと最良の治療が受けられないということもあるのです。アフラックではそんながんの治療法に沿った保険が販売されています。

 

まず、がんと診断されたら一時金で保険金が受け取れます。通常は1度きりしかもらえませんが特約とつけると再発しても再度一時金がおりるようにすることもできます。そして入院は日数無制限。1度の入院は短くても長引く治療で何度も入院してしまうこともあるので安心です。そして抗がん剤や放射線治療・ホルモン療法などの治療によって保険金がおりるプランとなっています。先進医療に対しての保障もあるので自己負担を心配することなく金銭面も安心して治療を選択することができますよね。女性特有のがんに特化した特約もつけることができ、ニーズに沿って保障を増減することができます。備えあれば患いなし。まだがん保険に入っていない方は是非備えるべきです。

 

アフラック,がん保険

関連ページ

父が教えてくれえたこと。
人一倍元気だった父が、がんで4年前に亡くなりました。あまりに元気で、まさかそんな急に亡くなると思っていなくて、とてもショックでした。亡くなってから母が、がん保険に入っていたと、約款を出してきたら、なんとペランペランな薄いほんの数枚の紙。「本物?かな」と思って調べたら、がん保険が日本に初めてできた時に入った時のもので、父が会社員の当時会社で加入したものでした。
今の時代は通院治療重視のがん保険の検討が必要です
がん保険については加入する年代によって考え方が変わってきます。がんにかかる確率は年と共に高まるので年齢が高くになるにつれて保険料が高くなります。
がん保険を選ぶなら一括受取りがお勧め
がん保険の種類は沢山あります。最近はがんの通院治療も多く、昔にはなかったタイプの通院特約があります。確かに、最近の病院はがんの人でも早期退院させるという事が多くなっています。
絶対入るべきはがん保険です
主人が大腸がんになり、1ケ月程入院しました。がん保険や生命保険にはいっておらず、貯金もなかったので現在も病院に対して分納で治療費を納めています。
がん保険|元がとれると云う視点で
結婚するまで保険には何も入ってませんでしたが、結婚をした年に手術する経験をした事もあり結婚を機に一通りの保険に加入しました。とは云えガン保険以外は手術をしてる事からしばらく入れなかったんですが。