絶対入るべきはがん保険です

今年4月に主人が大腸がんになり、1ケ月程入院しました。がん保険や生命保険にはいっておらず、貯金もなかったので現在も病院に対して分納で治療費を納めています。がんは手術しましたが、抗がん剤治療も5ケ月続いたので治療費がかさみました。入院や抗がん剤治療をすれば当然会社を休むことになり、収入も減ります。病気をすると、食事等に気を使うようになり少しでも良い食材、体にいいといわれる飲料、サプリメント等を買うようになり、出費はますますかさみます
なぜ、保険に入っていなかったのか後悔するばかりです。

 

当然、がんになれば後何年も保険には加入できません。今のままの出費なら貯金だってできません。是非是非加入をおすすめします!!保険は日々進歩しています。医療も進歩していました。今回の大腸がん手術は開腹ではなく内視鏡による手術でした。私が今加入している保険では開腹しないと保険がおりないタイプのようです。こんなこともあるので、加入は必須ですが、内容も日々確認して時代にあった保険を選ぶことが必要だと痛感しました。

 

医療の進歩はすごい勢いで、まだまだ保険適用にならない治療法もあると聞きました。その額はすごい金額だそうです。でも、がん保険はそういう治療に特化した内容のものがあると聞きました。もし、万が一、その治療を受けないとならないとき、保険に入っていないから自分の命をあきらめることができますか?普通に健康で生活していると保険を見つめなおす機会はないのですが、何かの機会に見直すことが大切です。

 

いいきっかけがあればいいのですが。。。。保険のCMが流れていてもただ見ているだけ。店舗があっても素通り。どうしたらわかってもらえるのか。健康が一番なのですが、がんは2人に1人がなる病気なのです。もっともっとわかってほしいです。

 

絶対入るべき,がん保険

関連ページ

父が教えてくれえたこと。
人一倍元気だった父が、がんで4年前に亡くなりました。あまりに元気で、まさかそんな急に亡くなると思っていなくて、とてもショックでした。亡くなってから母が、がん保険に入っていたと、約款を出してきたら、なんとペランペランな薄いほんの数枚の紙。「本物?かな」と思って調べたら、がん保険が日本に初めてできた時に入った時のもので、父が会社員の当時会社で加入したものでした。
今の時代は通院治療重視のがん保険の検討が必要です
がん保険については加入する年代によって考え方が変わってきます。がんにかかる確率は年と共に高まるので年齢が高くになるにつれて保険料が高くなります。
がん保険を選ぶなら一括受取りがお勧め
がん保険の種類は沢山あります。最近はがんの通院治療も多く、昔にはなかったタイプの通院特約があります。確かに、最近の病院はがんの人でも早期退院させるという事が多くなっています。
がん保険|元がとれると云う視点で
結婚するまで保険には何も入ってませんでしたが、結婚をした年に手術する経験をした事もあり結婚を機に一通りの保険に加入しました。とは云えガン保険以外は手術をしてる事からしばらく入れなかったんですが。
アフラックのがん保険
がん保険とは普通の医療保険とは違い、がんに特化した保険となっています。もちろんがんになった場合しか保険金はもらえません。死亡保険金がついている場合ですと、もし亡くなっても原因ががんと全く関係ないと保険金はでません。