人一倍元気だった父が、がんで4年前に亡くなりました。あまりに元気で、まさかそんな急に亡くなると思っていなくて、とてもショックでした。亡くなってから母が、がん保険に入っていたと、約款を出してきたら、なんとペランペランな薄いほんの数枚の紙。「本物?かな」と思って調べたら、がん保険が日本に初めてできた時に入った時のもので、父が会社員の当時会社で加入したものでした。それで請求したら、保険の支払いがあったの...

がん保険については加入する年代によって考え方が変わってきます。がんにかかる確率は年と共に高まるので年齢が高くになるにつれて保険料が高くなります。大きくは定期ものと終身とがありますが、ちょっと前まではがんは将来的には治る病気になると言われていたものですから、終身では無く定期物を進められていました。しかしながら今の医療を持っても早期発見は別としてもやはりまだまだ治りにくく完治に時間のかかる病気である事...

がん保険の種類は沢山あります。最近はがんの通院治療も多く、昔にはなかったタイプの通院特約があります。確かに、最近の病院はがんの人でも早期退院させるという事が多くなっています。手術をしても早く退院させるのですからそれだけ医学が進歩している証拠でしょう。近年では殆どの人ががんに掛かるという話を聞きます。がんの宣告はいつやってくるか分かりません。がんになった事で悩む以外に治療費や生活費の事でも悩むことで...

今年4月に主人が大腸がんになり、1ケ月程入院しました。がん保険や生命保険にはいっておらず、貯金もなかったので現在も病院に対して分納で治療費を納めています。がんは手術しましたが、抗がん剤治療も5ケ月続いたので治療費がかさみました。入院や抗がん剤治療をすれば当然会社を休むことになり、収入も減ります。病気をすると、食事等に気を使うようになり少しでも良い食材、体にいいといわれる飲料、サプリメント等を買うよ...

私は結婚するまで保険には何も入ってませんでしたが、結婚をした年に手術する経験をした事もあり結婚を機に一通りの保険に加入しました。とは云えガン保険以外は手術をしてる事からしばらく入れなかったんですが。その時に入ったガン保険はアフラックのガン保険です。主人が加入してたため家族型で入りました。しかしながら、保障内容をよくみると解約した時に返戻金があるのは魅力でしたが、家族型と云うのは保障内容は主契約者の...

がん保険とは普通の医療保険とは違い、がんに特化した保険となっています。もちろんがんになった場合しか保険金はもらえません。死亡保険金がついている場合ですと、もし亡くなっても原因ががんと全く関係ないと保険金はでません。よく「医療保険だけ入っておけばがんでもがん以外でも保障されるんだからそれだけ入っておけばいいわよ」という人がいますが、これは全くの間違いです。がん保険はがん以外には出なくてとても不便だと...

がんは高齢になってからかかる病気とは限りません。若い人でも発症する人もいますし、特に女性の方は若くして乳がんにかかる人も増えているようです。そんな私は最近までがん保険に加入しなくても良いと思っていました。というのは、医療保険に入っているから入院中は給付金が出るし、そもそも今がんになるリスクも低いので、慌てて加入する必要もないと思っていたのです。しかし、医療保険の見直しをする際にファイナンシャル・プ...