生命保険契約時での告知義務違反や告知義務について

<生命保険の告知義務違反で必ず捉えておきたい点>

生命保険の契約時には、自らの健康状態に関して、予め正確に告げておかないと行けません。もしも虚偽だと分かった場合だと、忽ち『告知義務違反』とみなされてしまいます。その結果まさかの際に、給付金や保険金などが、一切受け取れないケースが発生します。

 

堂々と偽って、契約時に生命保険会社へと、嘘の情報を伝える事は問題外ですが、わざとでなくても、『告知義務違反』を気付かぬ内に、やってしまっている事があります。このパターンでは、想定外のトラブルなどを事前に考慮して、入った生命保険なのに、肝心の保険金が全く支払われない上に、契約自体を敢えなく解約されてしまう、最悪の状況へと完全に陥ってしまいます。

 

<生命保険の告知義務に関して>

告知義務とは生命保険契約を、保険会社と結ぶ時へと、被保険者や契約者は、保険会社に対して、自分達の職業・怪我や病気の有り無し・現在の健康状況の問い掛けなどに関して、はっきりと回答する事です。文書の形により、重要事項説明をちゃんと受けた後へと、生命保険契約の交わす事を希望しているのなら、告知義務が起こって来ます。

 

<告知義務のやり方とは?>

告知する方法は、告知書へと嘘偽りなく、正しく書き込んだり、若しくは保険会社専属の面接官や医者による、健康診断などが挙げられます。もし仮に告知義務へと違反した例だと、保険会社側では保険契約を、完璧に解除する事が出来ます。告知義務のルールを破り、解約された場合ですと、保険会社から保険料が一切支給されません。

 

<生命保険の告知義務で絶対に、把握しておきたいポイント>

告知義務には規則が存在しており、それに従いながら、契約時の保険会社へときちんと告げて行きます。

 

「告知を行う際では書面にて実施して行く」

生命保険の申請業務をやっている営業スタッフへと、直接話して伝えて言っても、告知義務が完了した事には繋がりません。

 

「どんなに細かい事でも、そのまま告知して行く」

花粉症で鼻が詰まっていたり、或いは風邪の影響によって、体調が少し優れなかったとしても、詳しく告げて行くようにして下さい。

 

「告知義務で理解出来ない時では、直ぐに確かめて行くようにする」

告知義務により、告げ方がよく分からない際は、告知用に設けられているフリーダイヤルや、告知専用のカスタマーサービスなどを、賢く利用しながら、事細かに話して行きます。

 

生命保険契約時,告知義務違反,告知義務

関連ページ

生命保険会社破綻したらどうなるか?
もしも自分の身に何かが起きた時に手術費用や入院費が控除されることにより、何かが起きた後では遅いと言うことでだいたいの方が何かしらの生命保険会社に加入していると思います。でも良く考えてみるといくら生命保険会社とは言えどもいち企業ですので、不良債権があったり資金の運用を間違えてしまうと会社が破綻すると言うこともあります。
生命保険に掛かって来る税金などについて
生命保険の見直しでおすすめなのは大勢の口コミを参考にする事です。その口コミでも絶賛されている自宅で出来る生命保険の見直し方法をお伝えします。人生の転機に必ず訪れる保険の見直しを失敗しないようにしましょう。
生命保険料の控除制度に関して
生命保険を契約していると、この保険金額を生命保険料の控除制度により、所得からきちんと差し引く事が出来ます。普通の会社員の場合だと、10月に契約先の保険会社から、生命保険料控除証明書(葉書)が、自宅へと必ず郵送されて来ます。
保険契約を転換するポイントについて
保険を転換する事で、現在加入している保険契約を解約して行き、新規での契約を結ぶ事よりも、遥かに有利となります。他の保険会社の保険商品へと、新たに入り直す時には、単純に解消させて行き、新規契約扱いへとなってしまいます。