生命保険に掛かって来る税金などについて

死亡保険金へと関する税金により、相続税は果たして発生するのか?

生命保険の死亡保険金に掛かって来る税金とは、受取人・被保険者・保険料を払っている方へと、誰がなるかによって、支払う税金が違って来る事を御存知でしたか?「所得税」・「贈与税」・「相続税」などが、どれも深く関与して来る場合があるんです。そこでここでは、生命保険の死亡保険金が相続税に纏わる、詳細知識について、分かりやすく説明させて頂きます。

 

生命保険の死亡保険金へと掛かる税金とは?

被保険者と保険料を納めている人が、同じ人物である場合には、死亡保険金は相続税の課税対象として、正式に見なされています。但し相続税が必ずしも起こって来る訳ではありません。相続人が保険金を受け取るケースのみ、以下で解説する金額の範囲までが、非課税としてきちんと決められております。

 

生命保険の非課税枠に関して

死亡をきっかけとして、法定相続人側が得た、損害保険金や生命保険金などは、ある一定の金額までなら、非課税扱いになります。非課税枠では、法定相続人の数に比例して、全く異なって来ます。
※下記の計算方法により、正確に求めて行きます。

 

「500万円×法定相続人数」

 

例として、お亡くなりになった夫=被相続人が、以下の生命保険へと入っていたとします。

 

【1‥保険料を納めている者】

→夫

 

【2‥被保険者:保険が掛けられた人物】

→夫

 

【3‥死亡保険金の受取人】

→妻

 

【4‥受取保険金】

→3,000万円

 

夫が亡くなり、死亡保険金の3,000万円を妻が受け取りました。

 

法定相続人が、もし子供2人や妻である、合わせて3名のパターンですと、生命保険金15,00万円⇒500万円×3人までならば、非課税と判断されます。この生命保険金の非課税枠以外のみだと、15,00万円の残額に、税金が発生するよう事だと考える人も、存在する事かと思われます。但し生命保険金とは別に、課税対象から除外出来るものがあります。

 

非課税枠以上の際で、税金は掛かって来るのか?

非課税枠を越えても、控除可能なものはまだあります。相続税では、更に債務控除と基礎控除と言うものがあります。相続財産の金額(保険の非課税額や、或いは債務控除額を正確に差し引いた後の金額)などが、基礎控除の範囲内ならば、相続税は一切起こりません。

 

相続税の基礎控除額とは、下記の算出方式により、正しく求めて行きます。

「3,000万円+600万円×法定相続人数」

 

生命保険,見直し,おすすめ,口コミ

関連ページ

生命保険会社破綻したらどうなるか?
もしも自分の身に何かが起きた時に手術費用や入院費が控除されることにより、何かが起きた後では遅いと言うことでだいたいの方が何かしらの生命保険会社に加入していると思います。でも良く考えてみるといくら生命保険会社とは言えどもいち企業ですので、不良債権があったり資金の運用を間違えてしまうと会社が破綻すると言うこともあります。
生命保険料の控除制度に関して
生命保険を契約していると、この保険金額を生命保険料の控除制度により、所得からきちんと差し引く事が出来ます。普通の会社員の場合だと、10月に契約先の保険会社から、生命保険料控除証明書(葉書)が、自宅へと必ず郵送されて来ます。
生命保険契約時での告知義務違反や告知義務について
生命保険の契約時には、自らの健康状態に関して、予め正確に告げておかないと行けません。もしも虚偽だと分かった場合だと、忽ち『告知義務違反』とみなされてしまいます。その結果まさかの際に、給付金や保険金などが、一切受け取れないケースが発生します。
保険契約を転換するポイントについて
保険を転換する事で、現在加入している保険契約を解約して行き、新規での契約を結ぶ事よりも、遥かに有利となります。他の保険会社の保険商品へと、新たに入り直す時には、単純に解消させて行き、新規契約扱いへとなってしまいます。