生命保険の受取人を見直すポイントとは。

生命保険の受取人を見直すポイントは、結婚、離婚、死別など人生の節目です。変更するのが面倒だからと、変更手続きをしないでいると、受け取り人にかかる税金により、受取金額が損をする場合があるので、後伸ばしにせず、早めに変更手続きをすることが大切です。

 

例えば、結婚する前は受取人が両親になっている場合が多いですが、結婚すると配偶者に変更するのが普通です。このまま両親にしておくと、支払い保険金に相続税がかかり配偶者控除を受けることもできなくなります。

 

また、保険契約者が死亡、受取人が死亡した本人になっている場合、そのままにしておくと、相続は妻、子、孫、にまで及びます。受取人が複数の場合、受取金額にトラブルが生じることがあります。これは良くあるパターンなので、生命保険の変更手続きは必ず行うことが大切です。ですので、保険に加入するときには、受取人にかかる税金を知っておくことが大切です。

 

例)契約者:夫、被保険者:夫、受取人:妻、または子というパターンが一番多く、この場合は相続税がかかります。

 

例)契約者:夫、被保険者:妻、受取人:子というパターンは贈与税がかかります。

 

例)契約者:夫、被保険者:妻、受取人:夫というパターンは所得税がかかります。

 

税金面では相続税が一番安く税金面でお得です。

 

専業主婦は、保険金を支払う収入がないので契約者が夫の場合が多いですが、収入がなくても契約者を妻にすることができます。

 

例)契約者:妻、被保険者:妻、受取人:子、の場合は相続税になるので税金面でお得です。

 

また生命保険の受取人は二親等までと決まっているので、二親等以外の人は保険金受取人になれませんが、保険会社によっては二親等内に血族関係者がいない場合、三親等内の血族・親族者でも保険金受取人になれることがあります。また、一定の条件を満たしていれば内縁関係の夫婦、婚約者でも保険金の受取人になれることがあります。

 

保険金受取人を複数人指定することもできます。子供が複数人いる場合は、A〇%、B〇%、C〇%と指定します。保険金の受取人変更は何回でも変更することができ、故人の遺言によっても変更することができます。故人の遺言の場合、法的に有効性が認められるのかということを保険会社が確認をとるまで保険金が支払われないので、通常よりも支払われるのに時間がかかります。

 

生命保険の掛け金は長期間を要し、その間数回は保険金受取人を変更することがありますので、保険金受取人にかかる税金を知っていると余分な税金を支払わずに済みます。

 

生命保険,見直し,おすすめ,口コミ

関連ページ

終身保険の見直しのポイントに関して
「終身保険」を見直すタイミングとは、まず今現在入っている「終身保険」が、一体どのタイプに属する保険なのかを、きちんとチェックしましょう。ご自身が加入しているのが、もし仮に「定期保険特約付き終身保険」である場合では、充分に注意しておかなくてはなりません。
生命保険の種類を見直すポイントとは
生命保険の種類を見直すポイントは、結婚するときなど人生の転換期です。独身の時に入った保険では、保障特約など十分ではない場合があります。
生命保険の保証金額を見直すポイント
生命保険の保証金額を見直すポイントは、生活に変化があった時に見直す必要があります。就職して社会人になった時、結婚・子どもの誕生、住宅購入、独身で一生を過ごす人もいますが、結婚して家庭を持つと人生生活において変化は避けて通れません。
生命保険の保険料を安くする正確な見直し方法
生命保険の見直しでおすすめなのは大勢の口コミを参考にする事です。その口コミでも絶賛されている自宅で出来る生命保険の見直し方法をお伝えします。人生の転機に必ず訪れる保険の見直しを失敗しないようにしましょう。
生命保険の保証期間をしっかりと見直しましょう。
生命保険には、「終身保険」「養老保険」「掛け捨て=医療保険」の3つからできています。生命保険の保証期間を見直すポイントはいくつもあります。そのポイントを見ていきましょう。
生命保険を解約時での注意点
加入している生命保険と比較して、明らかにお得であり、保障内容が沢山設けられている、魅力的な保険を発見した場合では、『急いで解約して、その保険商品との契約を何とか結びたい』などと思うのかも知れません。但しこのタイプの生命保険とは、飽くまでも安くて、保障がいっぱい用意されているだけであります。従って今入っている保険プランを解約する事が、賢い選択方法だとは断言出来ません。
生命保険での自動更新の見直しポイント
生命保険の自動更新の連絡が来たら、皆さんは一体どの様に対処していますか?殆どの保険会社の場合だと、契約者から、何とか自動更新してもらいたいと考えています。その為契約者個人に適した、魅力的な保険商品を、一緒に話し合いながら、ちゃんと提案してくれる事でしょう。
定期保険の見直しのポイント
定期保険とは、加入してからある一定期間の保障が続く保険で掛け捨て保険です。途中で解約をしても再度加入をしようと思い直した時に身体面の問題から加入ができない場合が有ります。