「生命保険の保証金額を見直すポイント」

生命保険の保証金額を見直すポイントは、生活に変化があった時に見直す必要があります。就職して社会人になった時、結婚・子どもの誕生、住宅購入、独身で一生を過ごす人もいますが、結婚して家庭を持つと人生生活において変化は避けて通れません。

 

例えば、子どもが生まれた時は、家族が一人増えます。家族構成が変わると保証金額も増やさなければなりません。家庭の経済状況も余裕がある安定した家計で営めるとは限りませんし、その逆も考えられます。その時の経済状況に合わせて、保証金額の増減を考える必要があります。

 

また、住居が賃貸住宅なのか、持ち家なのかどうか、住居形態によっても大きく保証額が変わってきます。子どもの進学などにおいても保証額が変わってきます。

 

必要保証額(死亡保険金)は、《家族に必要なお金》ー《家族の収入額を足した金額》=必要保証額になります。この金額は家族の人数や収入がある家族の数によって異なります。

 

人生の節目節目に必要になる保証額が違ってくるので、保障額を見直すことが大事です。保証金額が少ないと、残された家族の生活は苦しいものになります。

 

生命保険の保証金額見直しは、保険に加入した時の保険金額が、今のニーズを満たしているか、保険料が安い保険会社をチェックするのも良いですが、自分自身の生活状況と実際にあったいくつかのパターンを照らし合わせて自分自身の保険にあった見直し方法をするのが良いです。

 

生活に必要な保証金額や保証期間が、今の生活状況に本当に必要なのかどうか、無駄な保証がある場合はその保険を解約し、保証金額が足りないようであれば、受け取り保証金額を増やします。

 

安い保険に乗り換えるのも良いですが、できるだけ契約中の保険を解約せず、保証金額を低く設定しなおす、月々の保険料払込期間を延長するようにします。また、解約せずに停止する方法もあります。

 

保証金額を増額する場合は、特約を付ける、いま加入している保険を下取りして、その保険会社の別の保険に入りなおすという方法があります。家計の関係で毎月の保険料支払いが困難な場合は、契約中の保険を解約して新たに保証金額が安い保険に加入し直すという方法もありますが、保険料を払わずに済み契約中の保険の保証を続けることができる方法もあります。

 

払い済み保険へ変更する、保険金の減額制度を利用する、保険金払込期間を延長する、振替貸付制度を利用するなどです。振替貸付制度は大変便利な制度で、契約している保険の解約払戻金額で、保険会社が払込保険金額を立て替えて払ってくれる制度です。

 

生命保険,保証金額,見直す

関連ページ

終身保険の見直しのポイントに関して
「終身保険」を見直すタイミングとは、まず今現在入っている「終身保険」が、一体どのタイプに属する保険なのかを、きちんとチェックしましょう。ご自身が加入しているのが、もし仮に「定期保険特約付き終身保険」である場合では、充分に注意しておかなくてはなりません。
生命保険の種類を見直すポイントとは
生命保険の種類を見直すポイントは、結婚するときなど人生の転換期です。独身の時に入った保険では、保障特約など十分ではない場合があります。
生命保険の受取人を見直すポイント
生命保険の見直しでおすすめなのは大勢の口コミを参考にする事です。その口コミでも絶賛されている自宅で出来る生命保険の見直し方法をお伝えします。人生の転機に必ず訪れる保険の見直しを失敗しないようにしましょう。
生命保険の保険料を安くする正確な見直し方法
生命保険の見直しでおすすめなのは大勢の口コミを参考にする事です。その口コミでも絶賛されている自宅で出来る生命保険の見直し方法をお伝えします。人生の転機に必ず訪れる保険の見直しを失敗しないようにしましょう。
生命保険の保証期間をしっかりと見直しましょう。
生命保険には、「終身保険」「養老保険」「掛け捨て=医療保険」の3つからできています。生命保険の保証期間を見直すポイントはいくつもあります。そのポイントを見ていきましょう。
生命保険を解約時での注意点
加入している生命保険と比較して、明らかにお得であり、保障内容が沢山設けられている、魅力的な保険を発見した場合では、『急いで解約して、その保険商品との契約を何とか結びたい』などと思うのかも知れません。但しこのタイプの生命保険とは、飽くまでも安くて、保障がいっぱい用意されているだけであります。従って今入っている保険プランを解約する事が、賢い選択方法だとは断言出来ません。
生命保険での自動更新の見直しポイント
生命保険の自動更新の連絡が来たら、皆さんは一体どの様に対処していますか?殆どの保険会社の場合だと、契約者から、何とか自動更新してもらいたいと考えています。その為契約者個人に適した、魅力的な保険商品を、一緒に話し合いながら、ちゃんと提案してくれる事でしょう。
定期保険の見直しのポイント
定期保険とは、加入してからある一定期間の保障が続く保険で掛け捨て保険です。途中で解約をしても再度加入をしようと思い直した時に身体面の問題から加入ができない場合が有ります。