生命保険の種類を見直すポイント

生命保険の種類を見直すポイントは、結婚するときなど人生の転換期です。独身の時に入った保険では、保障特約など十分ではない場合があります。
結婚をすると独り身ではないので、もしも残される家族のことを考えて、どのような保険に加入しているのか、保障額や毎月の保険料などを見直します。
つまり、人生の節目節目が、加入している生命保険の種類を見直すときです。

 

実際、保険の種類は多く男女性別、大人子供など年代別などでも違いがあり、また保険会社によっても保険プランに特徴があります。

 

生命保険の種類を大きく分けると3つに分けられます。「死亡保障型」「医療保障型」「貯蓄型」ですが、「死亡保障型」は男性が加入される方が多く、月々の保険料は高くなりますが、定期保険、または終身保険によっても払込金額が異なります。

 

女性は貯蓄型の保険に加入されることが多いです。有名なところでは「養老保険」です。死亡金と貯蓄の両方が兼ね備わった保険です。掛け金は安くはありませんが、保険商品の中でも人気です。

 

男性は特に結婚して子供がうまれると今までかけていた死亡保険金額をアップする人が多いです。また、子供が生まれると貯蓄型の保険「学資保険」に加入されることが多いです。
その他、離婚、マイホーム購入時、子供が成人した時、保険料払い込み人が定年退職した時などです。

 

このように人生サイクルに沿って、保険の見直しをすることが望まれます。家計的に保険料を下げることも多くなります。
その場合は、余分に加入している保険を削る、または、今加入している保険を解約しないで続ける場合、満期保険金額を下げると月々の保険料が安くなります。保険は解約すると損をしますので、できる限り保険料を低くして払い続ける方がお得です。

 

生命保険料を抑える場合は、生命保険以外、国から受けられる遺族年金などの保障を確認し、二重に重なっている保険や必要でない保険があれば解約をする、払込金額が安い保険に切り替える、などです。

 

旦那さんがサラリーマンの場合、会社の福利厚生で保障が受けられることがあります。複数の保険に加入している場合、保障が重なっている場合が多いので、良く見直すことが、保険料を抑えるためのポイントにもなります。

 

また保険の特約で医療保障が重なることが良くあります。保険特約にも注意しましょう。

 

保険を見直すときの注意点としては、他の保険に乗り換える場合、古い保険を慌てて解約しないようにしましょう。無保険状態にならないために新しい保険に契約加入できたことを確認してから解約することが大事です。

 

生命保険,見直し,種類

関連ページ

終身保険の見直しのポイントに関して
「終身保険」を見直すタイミングとは、まず今現在入っている「終身保険」が、一体どのタイプに属する保険なのかを、きちんとチェックしましょう。ご自身が加入しているのが、もし仮に「定期保険特約付き終身保険」である場合では、充分に注意しておかなくてはなりません。
生命保険の受取人を見直すポイント
生命保険の見直しでおすすめなのは大勢の口コミを参考にする事です。その口コミでも絶賛されている自宅で出来る生命保険の見直し方法をお伝えします。人生の転機に必ず訪れる保険の見直しを失敗しないようにしましょう。
生命保険の保証金額を見直すポイント
生命保険の保証金額を見直すポイントは、生活に変化があった時に見直す必要があります。就職して社会人になった時、結婚・子どもの誕生、住宅購入、独身で一生を過ごす人もいますが、結婚して家庭を持つと人生生活において変化は避けて通れません。
生命保険の保険料を安くする正確な見直し方法
生命保険の見直しでおすすめなのは大勢の口コミを参考にする事です。その口コミでも絶賛されている自宅で出来る生命保険の見直し方法をお伝えします。人生の転機に必ず訪れる保険の見直しを失敗しないようにしましょう。
生命保険の保証期間をしっかりと見直しましょう。
生命保険には、「終身保険」「養老保険」「掛け捨て=医療保険」の3つからできています。生命保険の保証期間を見直すポイントはいくつもあります。そのポイントを見ていきましょう。
生命保険を解約時での注意点
加入している生命保険と比較して、明らかにお得であり、保障内容が沢山設けられている、魅力的な保険を発見した場合では、『急いで解約して、その保険商品との契約を何とか結びたい』などと思うのかも知れません。但しこのタイプの生命保険とは、飽くまでも安くて、保障がいっぱい用意されているだけであります。従って今入っている保険プランを解約する事が、賢い選択方法だとは断言出来ません。
生命保険での自動更新の見直しポイント
生命保険の自動更新の連絡が来たら、皆さんは一体どの様に対処していますか?殆どの保険会社の場合だと、契約者から、何とか自動更新してもらいたいと考えています。その為契約者個人に適した、魅力的な保険商品を、一緒に話し合いながら、ちゃんと提案してくれる事でしょう。
定期保険の見直しのポイント
定期保険とは、加入してからある一定期間の保障が続く保険で掛け捨て保険です。途中で解約をしても再度加入をしようと思い直した時に身体面の問題から加入ができない場合が有ります。