生命保険の保障が二重になっていないか確認しましょう

結婚式を挙げて、念願の赤ちゃんが無事に出産されたら、生命保険へと加入するのが、常識となっています。しかし高額の生命保険とは、果たして本当に要るのでしょうか?まず必ずチェックしておきたいのは、自らの身にもし何らかのトラブルが発生した際へと、一体どの程度の保障を、確実に受けられるのか、きちんと把握しておかないと行けません。

 

保障が二重となっていないか、詳しく確かめて行く

幾つかの生命保険へと入っている時には、特約などにより、二重になっている場合があります。この分の保険料金などが、絶対に起こっている為、再確認する事を強くオススメ致します。

 

医療保険へと二重に加入している

基本的に生命保険では、医療特約の方式により、医療保険が付帯されているケースが大半を占めます。郵便局の『養老保険』や『共済』などに、タイプを分類して保険へと、何種類か入っているパターンだと、医療保障が二重になっている事があります。生命保険はまさかの事態を、強力にサポートさせる意味合いにより、提供されております。万が一のアクシデントばかりへと注目して、自身の蓄えばかりが出費して行き、その結果減少させてしまっていては、全く意味がありません。

 

学資保険の育英年金

学資保険には、育英年金と呼ばれる特約が設けられています。これは契約側となる、親が死んでしまったり、前以て決められている高度障害状態へとなった際に、所定の日数により、育英年金を毎年払ってもらえる特約です。育英年金と言うものは、契約者になっている、親の死亡保障と全く一緒の事であります。従って別の生命保険へと、親がもしも加入しているケースであれば、一切必要ありません。

 

遺族年金によって一定の保障が必ず受けられる

遺族年金では、『遺族基礎年金』、『遺族共済年金』、『遺族厚生年金』である、合計3通りの年金が存在しております。どのタイプの遺族年金が適用されるのかは、お亡くなりになった故人が働いていた職種により、随分と違って来ます。更に遺族年金を支払ってもらえる、遺族の範囲に至っても、それぞれの年金の種類により、大幅に異なって来ます。

 

サラリーマンの例ですと、『遺族基礎年金』や『遺族厚生年金』が絶対に支給されます。子供1名のサラリーマン家庭であるのなら、遺族年金より凡そ161万円のお金を、確実に受け取る事が出来ます。

 

※月々に大体13万円へとなっています。

 

生命保険,保障,二重

関連ページ

新たな保険へと切り替える際での注意点
必要となる保障は、時代の流れに伴い、常に変化して行く為、携帯電話のような機種変更ペースにならなくても、何年かに1回での保険の見直しとは、ちゃんとやっておかないとなりません。ですのでその際へと、もしも要らない保障があれば、直ぐに解約して行き、臨機応変に対処しながら、保険を賢く切り替えるようにしなくては行けません。
必要と感じない特約を削除する。
特約を必要以上に付け加える事とは、余計な保険料を納める事へと、どうしても繋がってしまう為、要らない特約だと思えるのならば、削除して行くようにして下さい。ですので、本当に必要となる特約だけを残して行きながら、明らかに不要となる特約などは、徹底的に削除しましょう。