マイホームを購入した際での生命保険を見直すタイミング

長い人生の中で生命保険を見直す時期は、必ず何度か訪れます。但しこの『何度か』の内で、殆ど意識されていない時があります。その事とは、一戸建て住宅や分譲マンションである、マイホームを購入したケースです。マイホームを手に入れた際では、火災保険、固定資産税の税金、住宅ローンの事へと注目しても、生命保険にまで目が行く事はあまりないようです。

 

しかしマイホームを買った時でも、見直すべき生命保険などは存在しています。他にも生命保険を1から見直す事により、余計なものを上手く取り除いて行き、支払いを賢くカットして行く事が出来ます。この事が功をそうして、大変な住宅ローンの返済を、確実に軽減する事が可能となります。

 

見落としがちな生命保険とは?

うっかり見落としがちである生命保険は、住宅ローンを契約した際での、団体信用生命保険であります。団体信用生命保険とは、住宅ローンを組んでいる契約者が、返済している最中へと、もしも亡くなってしまった場合で、残りの住宅ローンをきちんと完済してくれるものです。契約者が死んでしまった際に、住宅ローンの残額へと、保険金によってちゃんと支払ってもらう事です。

 

タイプによっては、死亡してしまった場合だけでなく、癌、脳梗塞、心疾患である、極めて重い病を患ってしまっても、住宅ローンをしっかりと返してくれる種類があります。住宅ローンの契約を結ぶ時には、大半のパターンですと、団体信用生命保険へと、その団体信用生命保険に加入する形へとなります。

 

銀行の住宅ローンの例では?

銀行の住宅ローンを契約しているのなら、団体信用生命保険の保険料金が、月々のローン返済金額の中へと、きちんと入っております。厳密に言うと、利息に付け加えられています。ですので銀行の住宅ローンにより、借金している場合だと、団体信用生命保険へと、自動的に加入している状態となります。

 

フラット35のケースでは?

住宅金融支援機構であるフラット35ですと、団体信用生命保険は任意加入になっています。フラット35へと入った際に、特約として新たにススメられるので、大勢の人達が加入しております。フラット35の団体信用生命保険とは、住宅金融支援機構の特約へと、絶対に入る必要性はありません。特約のもの以外に、団体信用生命保険と一緒のような、仕組みとなっている生命保険へと、加入するだけでも構いません。その段階によって、収入保障保険を賢く利用して行く事で、団体信用生命保険の保険料を、大幅に減額する事が出来ます。

 

マイホーム,生命保険,見直す,購入

関連ページ

出産したら親の生命保険を見直した方がいい理由。
生命保険の見直しはいつするのか?それは人生の転機が訪れた時です。特に家族が増えた時は、見直しがマストなのです。家族が増えたという事は、それだけ責任が増えたという事です。
結婚した際に生命保険を見直すタイミングについて
順調な家庭をちゃんと気付いて行く為に、子供や自宅の事に関して、しっかりと考えておきましょう。結婚する事で様々なタイプの生命保険などを、勧められるケースが沢山出て来るかも知れません。
定年退職した際に生命保険を見直すタイミング
定年退職した以降へと、終身保険を解約したり、若しくは養老保険が満期になった事で、高額の保険金を支払ってもらう人も、結構多いかのと思われます。但しよくニュースとして取り上げられているような、詐欺や違法の商法へと遭わないように、しっかりと用心しておかなくてはなりません。
子供が独立した時に生命保険を見直すタイミング
生命保険の見直しでおすすめなのは大勢の口コミを参考にする子供が社会人となり独立する事で、親しての責任や教育費用の支払いから漸く解放されて、経済面や精神面へと、余裕が充分に出て来ます。今までは、『万が一の事態に備えて、家族へと迷惑を掛けたくない』と言う強い思いから、生命保険の保障内容を、無理して選択する必要がありました。事です。その口コミでも絶賛されている自宅で出来る生命保険の見直し方法をお伝えします。人生の転機に必ず訪れる保険の見直しを失敗しないようにしましょう。
離婚した際へと生命保険を見直すタイミングとは?
結婚した後へと、将来起こるかもしれない、思わぬ病気や交通事故の事などを考慮して、生命保険に入る方はとても多いです。但し離婚する場合だと、随分後回しになる事が非常に多いようです。勿論これも当たり前の事なのかも知れません。