様々な保険のいいところを利用しよう

収入保障保険は死亡保障が月額で設定された保険です。契約者が死亡した時点から契約期間まで保険金を受け取ることができます。生命保険と違い死亡した時点で一括で保険金がもらえるわけではないのと、死亡した時点と契約期間の日数によりもらえる保険金の総額が違くなります。支払う保険料は生命保険に比べると負担は少なくなります。

 

保険金をもらえるという点では一緒ですが、実際は全く違ったものです。もし子供や奥さん、自分の親を養わなければいけない場合は自分が亡くなった時に家族が困らないよう多額の費用が必要になります。その場合生命保険に加入するのがベターです。自分一人で生活しているなど扶養する家族がいない場合は、自分で生活していける分だけの保障があれば問題ないのでそんなに大きな額のお金は必要ないと考えられます。

 

自分がなくなった時に借金さえなければ問題ないので月々の負担額が少ない収入保障保険に入るのがベターです。生命保険なので契約は掛け捨てがほとんどです。もし一人暮らしで扶養する家族がいないのであれば収入保障保険に加入しますが、若いときにそれを判断するのは難しい気がします。最初から自分は結婚の予定はない、養う家族はいないという人はいません。

 

もし収入保障保険を検討する場合はある程度、例えば40代や50代になってから自分の状況をみて加入すると思います。保険も保証期間を自分で設定できるので40歳までは生命保険に加入してその間に家族ができたら定年まで継続する、もし家族がいなければ40代で収入保障保険に加入するというのもいいと思います。それぞれの保険の利点を活用して自分の生活に負担のない保険の契約をしていくのがいいです。

 

収入保障保険,見直し,おすすめ,口コミ

関連ページ

現役世代に必要な保険
収入保障保険の見直しでおすすめなのは大勢の口コミを参考にする事です。その口コミでも絶賛されている自宅で出来る収入保障保険の見直し方法をお伝えします。人生の転機に必ず訪れる保険の見直しを失敗しないようにしましょう。
収入保障保険について
収入保障保険の見直しでおすすめなのは大勢の口コミを参考にする事です。その口コミでも絶賛されている自宅で出来る収入保障保険の見直し方法をお伝えします。人生の転機に必ず訪れる保険の見直しを失敗しないようにしましょう。