保険の老後資金の貯め方について

老後のために貯金はしておきたいですよね。日本は平均寿命が伸びていて、男性は80.50歳、女性は86.83歳となり、女性は3年連続世界一、男性は前年4位から3位に浮上しています。老後を安心して暮らしていくには月に27万円ほどあれば裕福に老後を過ごしていけると思います。

 

しかし、月に27万円で暮らしていこうと思ったら、年金を抜きにして、平均年齢から定年年齢を引いて、その年数と12ヵ月を掛け、27万円を掛けます。だいたい約8000万円ほど必要になります。そう簡単には8000万円なんて額を貯めれるわけがありません。そのために少しでも老後の資金を貯めるために保険を利用するのがいいと思います。

 

まずは、生命保険も兼ねての積立をできる低解約返戻型終身保険です。この保険は安定して積立をすることができます。そして保険料を設定した期間まで払い込みを終えればお金が増えます。しっかりと保険料を設定期間まで支払うとお得な商品です。解約すると貯まってる金額が受け取れますので保険料がまったく無駄になりません。安全に老後資金を貯めたい方にはおすすめです。

 

次は、利率の高い外資建て保険です。自分は老後資金のためにこの保険に入っています。ドル建てでしています。同じ積立するなら少しでも利率がいい所で貯める方がいいですからね。ドル建ての保険は、円建ての保険と比べて予定利率が高く設定されているのが特徴です。当然為替変動で利益を得る可能性もあるが、損する可能性もあります。

 

場合によっては元本割れしてしまう可能性もあります。リスクがある保険ですが、リターンもある保険です。なので投資と思ってする加入する方がいいと思います。老後のためにどの保険が自分に合っているのか勉強して少しでも貯金して裕福に暮らしたいですね。

 

保険,老後資金,貯め方

関連ページ

保険の老後資金の貯め方について
保険の老後資金の貯め方についてですが、若い方には医療保険や子供がいたら学資保険などの保険類に関係ことを加入していたほうがいいです。若い方の場合には、収入を多く稼ぎ出すことができますので何よりまず、収入のほしょうとなるものをしっかりしていないといけないと思います。