手頃な掛金で初めて保険を契約するのにもおすすめです。

私は子供の頃から県民共済に加入しています。親が県民共済を契約してくれていたので、社会人になった今でも継続して加入しています。手頃な掛金で加入できるため、まだまだ収入の少ない私でも無理なく継続できます。

 

高校生の頃には、手術の際に迅速な対応をして頂き助かりました。今では結婚して出産をしましたが、私と子供は県民共済に加入しています。私は特約も付けてもしもの時に備えています。がん保険など、新たに別の保険会社を選んで契約する手間も省けて良かったです。

 

割戻金が受け取れるのも掛け捨てではないので、少しの額でもありがたいです。小さな子供もいつ怪我をしたり病気になったり、入っていてよかったと思える場面はこれからたくさんあるかと思います。

 

学資保険などにも加入していると毎月たくさんのお金がかかりますが、県民共済のおかけで家計に負担がかかりません。お手頃なのに保証がしっかりしていて対応も早いので安心できます。

 

私の住んでいる地域には、県民共済について案内をしてくれたり契約に関して詳しく説明して下さる地域担当者の方が毎週各家庭を回っています。産後まもなく外出もできず、連絡するにも子供のお世話で忙しかった中、訪問して下さり資料を受け取り生まれたばかりの子供の保険にも、スムーズに早めに加入することができよかったです。

 

色んな保険会社の内容を見たり聞いたり、実際に必要な時に使ったという人の話も聞いたりして、比較することもありますが、県民共済は確実に連絡が繋がり対応して頂けます。

 

毎月何千円という金額から始められ保証内容にも満足しているので、私は新たに保険に加入しようと悩んでる方には、まず県民共済をおすすめしています。他の保険と併用して加入する場合にも、県民共済はとてもいいものだと思っています。

 

県民共済は手頃な掛金で初めて保険を契約!

関連ページ

県民共済なら安心して加入できました
61歳になって保険の見直しで県民共済に加入しました。と言うのも61歳の時に前立腺肥大症を患い、人生で初の入院と手術を経験したからです。4日間の入院と手術で高額療養費制度を使って20万円足らずの医療費となりました。当時はある医療保険に入っていましたが、調べてみると入院は5日目以降しか保障されないというものでした。ガッカリでした。入っていた保険は全くこの場合意味を持たないものだったのです。
県民共済のメリット・デメリットとは。
県民共済に加入していますが、別の保険会社の終身保険にも入っています。県民共済は保険料は割安なのですが、保障としては今一つ不安なので、別の保険にも加入しています。
月掛金は2000円。家計を圧迫せず十分な補償の県民共済
県民共済の総合保証型の保険に加入しています。加入コースは総合保証2型で月掛金は2000円です。保証期間は65歳までで、65歳を過ぎると月掛金は2000円で変わらず熟年2型というコースに自動継続する仕組みになっています。