失敗しない生命保険の見直し|口コミでおすすめ無料FP選びのポイントと注意点

生命保険の見直しと言っても、理想的なおすすめの保険プランは人それぞれ違います。家族構成や世帯収入の変化・将来設計により、生命保険もその都度見直しするのが理想です。生命保険の見直しは一般的に「保険料の比較」ばかり注目されますが、実はもっと重要なポイントがあります。生命保険を選ぶうえで1番重要なのは…「自分たち家族にとって、ムダなく最適な保険はどれなのか?」を知ることです。

 

生命保険の見直しで失敗しないたった一つの方法|おすすめの口コミはこちら

 

生命保険は、万一のときに家族を守る大切な盾。もしもの際に必要な保障を受けられることは絶対条件です。そのうえで、不要な特約や必要以上の保障など、ムダを省くことで保険料や保障内容を「最適化」することが、生命保険見直しのポイントになります。今、あなたの加入されている生命保険は、ご家族の将来のために「最適化」されていますか?このサイトでは、保険会社では教えてくれない生命保険見直しのコツを中心に、口コミ体験談・シミュレーションなども交えながら、分かりやすく解説します。「生命保険のお得な選び方を知りたい!」という方にも、きっと理想の答えが見つかるはずです。「生命保険の見直しで失敗しない、たった一つの方法とは?」まず最初に、生命保険見直しのポイントを抑えておきましょう。

 

失敗しない!生命保険見直しのポイント

生命保険の見直しで失敗しないたった一つの方法|おすすめの口コミはこちら

生命保険の見直しを検討する前に、保険契約のどこを見直すのか?把握しておく必要があります。見直しの主なポイントは下記の5つです。

 

  • 【ポイント1】保険料
  • 【ポイント2】保険の種類
  • 【ポイント3】保障金額
  • 【ポイント4】保障期間
  • 【ポイント5】受取人

 

5つの項目をそれぞれ調整しながら、自分の家族に合った最適な答えを見つけるのが生命保険見直しのコツです。また、これらのポイントは保険会社の比較にも役立ちます。しかし実際のところ、人生には様々な「ライフイベント」が起こります。結婚・出産・マイホームの購入など、大きなイベントが起こるたびに、最適な保険の形も変わります。生命保険は、こうしたイベント時期のタイミングで見直しすると、無駄がなく保険料の節約にもなります。主な生命保険見直しのタイミングは6つです。

 

  • 【タイミング1】結婚(婚約・入籍)
  • 【タイミング2】出産(妊娠)
  • 【タイミング3】住宅の購入(住宅ローン)
  • 【タイミング4】子供の独立(就職・一人暮らし)
  • 【タイミング5】定年退職(年金生活・老後資金)
  • 【タイミング6】離婚(家族構成の変化)

 

人生において各タイミングに差しかかった時、前述のポイント1〜5に沿って保険の見直しを行います。また、保険料の見直しを検討する場合は、下記4つを考慮するのが一般的です。

 

  • 【保険料見直し1】加入済み保険商品すべての保障内容を確認
  • 【保険料見直し2】保障の重複がないか確認
  • 【保険料見直し3】不要な特約を外す・解約する
  • 【保険料見直し4】新しい保険への切替え

 

次の「ライフイベント」の説明の前に、《最適な保険の見直し方法》について教えて!という方はこちら。

 

保険のプロの無料相談を検討する

 

それでは次に、それぞれのライフイベント時期において、生命保険を見直しする時のコツをご紹介します。

 

【ライフイベント1】結婚のタイミングで生命保険を見直し

生命保険の見直しで失敗しないたった一つの方法|おすすめの口コミはこちら

新婚生活のスタートは「配偶者」という続柄が生まれるタイミングでもあります。もし独身時代から生命保険に入っていたなら、結婚後は保険の契約内容を大きく変更したり、新しい保険への切替えなどが必要になるでしょう。

 

  • 【ポイント1】保険料 ⇒保障の充実でアップする可能性が高い
  • 【ポイント2】保険の種類 ⇒夫婦の保険加入状況を把握・不要な特約や重複保障の確認
  • 【ポイント3】保障金額 ⇒生活を支えるために充実させることが多い
  • 【ポイント4】保障期間 ⇒期間を延ばすことで長期的な保険料総額を下げる
  • 【ポイント5】受取人 ⇒親から配偶者への受取人変更を検討

 

夫妻2人とも生命保険に加入しているなら、重複した特約を外したり、いずれかの保険を解約するのか、残すのかも課題になります。共働きであれば受取人を変更するだけの場合もありますが、どちらか一方が家計を支えるなら、保険料を節約する工夫が必要になるかもしれません。結婚後は保障期間の延長や保障金額の増額など、万全の体制を整えるのが一般的のようです。いずれにしても、夫婦でお互いの保険を確認しあい、相談のうえで見直しを進めることが大切です。結婚時期の生命保険の見直しで失敗しないためには、入籍時期に合わせて早めの行動がオススメです

 

【ライフイベント2】出産のタイミングで生命保険を見直し

生命保険の見直しで失敗しないたった一つの方法|おすすめの口コミはこちら

出産で新しい家族が増えるのは、人生で1番の喜びかもしれません。大切な子供を守るためにも、出産時の保険見直しは最も重要なポイントと言えそうです。

 

  • 【ポイント1】保険料 ⇒無駄な特約などの調整で下げた分を教育資金に
  • 【ポイント2】保険の種類 ⇒学資保険への加入も検討
  • 【ポイント3】保障金額 ⇒多すぎる保障額を減らし節約
  • 【ポイント4】受取人 ⇒配偶者から子供への受取人変更を検討

 

家族が増えれば生活費も増え、さらには将来の教育費も考える必要があります。生命保険の見直しだけでなく「学資保険」への加入なども検討材料となります。

 

学資保険のお得な選び方はこちら

 

出産時の保険見直しは、生活費の節約なども含め、無駄な出費を減らして教育費の積立資金を増やすことがポイントになりそうです。また、保険金の受取人を配偶者から子供へと変更することも検討材料になります。妊娠が発覚した時期から、早めに生命保険の計画的な見直しをおすすめします。

 

【ライフイベント3】住宅購入のタイミングで生命保険を見直し

生命保険の見直しで失敗しないたった一つの方法|おすすめの口コミはこちら

夢のマイホーム購入は、人生で最も大きな買い物になるかもしれません。多くの方が「住宅ローン」を組むことになるでしょう。住宅購入時期の生命保険見直しは、この住宅ローンが大きく関わってきます。

 

  • 【ポイント1】保険料 ⇒保障額変更で保険料を抑える
  • 【ポイント2】保険の種類 ⇒団信の保障を併せてプラン変更も検討
  • 【ポイント3】保障金額 ⇒団信と重複する死亡保障額などの見直し

 

住宅ローンを組むときは、ほとんどの場合に生命保険への加入がセットになります。「団体信用生命保険(団信)」という保険に加入することで、債務者がローンの支払い途中で万一死亡したときに、それ以降の支払いが免除される仕組みです。団体信用生命保険への加入にともない、生命保険の保障金額を減らせば、保険料の節約が可能になります。マイホーム購入時期に合わせて、生命保険も早めに見直し検討をお勧めします。

 

【ライフイベント4】子供の独立タイミングで生命保険を見直し

生命保険の見直しで失敗しないたった一つの方法|おすすめの口コミはこちら

子供が無事に中学・高校・大学を卒業して社会人になり、独立すれば家計の状況も大きく変化します。夫婦二人きりの生活へと戻ったときには、生命保険の目的もまた変わるでしょう。

 

  • 【ポイント1】保険料 ⇒下がった保険料分を老後の貯蓄や投資に回す
  • 【ポイント2】保険の種類 ⇒養老保険や生涯保険の検討
  • 【ポイント3】保障金額 ⇒無駄な保障を削り保険料節約

 

子供たちが一人前に育つまでの生命保険は「万一のときに生活を支える」という役割が中心でした。しかし子供が巣立ったあとは、夫婦二人が安心して「残りの人生を過ごす」ことを目的とした保険が必要になります。定年退職前であれば、働けるうちに老後の資金を貯めておこうと考えるかもしれません。生活費の一部を貯蓄や積立に回したり、投資なども検討材料になります。一生保障してくれる「生涯保険」や、貯蓄を兼ね備えた「養老保険」などの検討も良いでしょう。

 

子供が独立し、自分で生計を立てられるようになれば、生命保険の保障金額を減らすなどの見直しができます。浮いた生活費なども含め、老後を安心して暮らせるように、早め早めの準備をしておきたいものですね。素敵なシルバーライフを手に入れるためには、生命保険も適切な形へと見直しするのがオススメの方法と言えます。

 

【ライフイベント5】定年退職のタイミングで生命保険を見直し

生命保険の見直しで失敗しないたった一つの方法|おすすめの口コミはこちら

長い間、家族を支えてきた一家の主が定年退職を迎える頃には、一般的に高額な死亡保障が不要になります。多くの場合は子供たちが独立しており、多額の死亡保険金を必要としないからです。また、年金額なども考慮に入れて、生命保険を大きく見直すタイミングです。

 

  • 【ポイント1】保険料 ⇒下がった保険料分を老後の貯蓄や投資に回す
  • 【ポイント2】保険の種類 ⇒終身保険・養老保険・生涯保険など老後生活の検討
  • 【ポイント3】保障金額 ⇒無駄な保障を削り保険料節約
  • 【ポイント4】保障期間 ⇒終身型生命保険への切替えを検討

 

掛け捨て保険を解約し、終身保険への切替えも推奨されていますが、その理由は死亡保険の継続です。生命保険の契約者が死亡後に発生する「葬式費用」「相続税」などへの対策として、死亡保険はたとえ少額でも維持する必要があるでしょう。また、高齢化に伴う「医療費」なども考慮しなければなりません。突然の病気やケガに備えた貯蓄はもちろんですが、「医療保険」を充実させるなどの必要性も増してきます。定年後の人生は想像以上に長いかもしれません。余生をゆったりと過ごすために、最適な生命保険の見直しをお薦めします。

 

【ライフイベント6】離婚のタイミングで生命保険を見直し

生命保険の見直しで失敗しないたった一つの方法|おすすめの口コミはこちら

もしパートナーと離婚することになった場合も、生命保険の見直しが必要です。見直しの対象となるのは主に「保険金の受取人」「保険契約者の名義変更」などです。

 

  • 【ポイント1】保険料 ⇒無駄な保障や特約を削り保険料節約
  • 【ポイント2】保障金額 ⇒子供がいる場合は保障の充実も検討
  • 【ポイント3】受取人 ⇒子供や配偶者からの受取人変更

 

子供がいる場合は、どちらが引き取るかでも見直しの内容が変わります。片親ひとりで子供を育てていく場合、万一自分が死亡してしまった時のために保障金額を増やしておくなどの対策が考えられます。また、共働きだった場合は離婚後に生活費が減ることも考慮し、保険料の調整が必要になるかもしれません。保障と保険料のバランスをじっくり検討してみてください。離婚は新たな出発。前向きな未来へ向けた生命保険の見直しをおすすめします。

 

失敗しない生命保険見直しのコツはいかがでしたでしょうか。実際のところ、保険契約は複雑で、難しいことが多すぎます。自分たちでシミュレーションしたり、理想のプランを組むのが難しいのも現実ではないでしょうか。私も保険のことを良く知らないまま、知り合いのおばちゃんに勧められた生命保険に入り大失敗。とても後悔しました。

 

後悔しない保険の選び方はコチラ

若い頃は生命保険なんて興味もなく、知人の言いなりに…

生命保険の見直しで失敗しないたった一つの方法|おすすめの口コミはこちら

若い頃は生命保険なんて興味もなく、知人の言いなりに…独身時代、20歳の成人とほぼ同時に、ある有名な保険会社の生命保険を契約しました。もともと両親が入っていた生保を扱う保険販売員からの勧誘がきっかけです。よくある話ですが、親と仲がいい「保険のおばちゃん」からのしつこい勧誘を断れなかったんですね。今は「生保レディ」とか言いますけど、その人は絵にかいたような保険のおばちゃんでした。子供の頃から知っていた保険のおばちゃんは、いつも自信満々なイメージしかありませんでした。大人になって保険をオススメされた時のセリフも凄かったんです。

 

「生命保険は若いうちに入った方が得だから、必ず入っときなさい!」

 

有無を言わさず、翌月から強制的に毎月13,000円の支払いが始まりました。保険内容の説明なんて、あんまり覚えていません。そりゃそうです、自分の意志じゃないから全然興味なかったんです。まだ保険を真剣に考えるような年齢でもなかったし、本当は買物に使いたかったお金。泣く泣く保険の支払いへと消えて行きました。。

生命保険を見直すチャンスがやってきた!

生命保険の見直しで失敗しないたった一つの方法|おすすめの口コミはこちら

それから10年以上の月日が流れ、30代でめでたく結婚した私に、生命保険の見直しを考える初めての機会が訪れました。その時にはもう保険のおばちゃんは引退していて、しがらみから解放された自分に気づきました。妻も独身時代から生命保険に入っていましたが、毎月の保険料に大きな差があったんですよ。よくよく話を聞いてみると、数年前にネットで契約したそうです。そのとき初めて、自分がムダに高い保険料を支払っていたと知りました。

 

そして妻のアドバイスもあり、結婚後の生命保険はプロの専門家に相談しようと決めたんです。いわゆる「ファイナンシャルプランナー」です。生保レディと呼ばれる方達は、保険会社に勤めるセールスレディですから、自社の保険しか勧めてくれません。それに比べ、ファイナンシャルプランナーは保険会社の社員ではありません。このため第三者的な立場から、自分に合った最適な保険プランを考えてくれます。

 

ファイナンシャルプランナーは「FP技能士・CFP・AFP」といった資格を持ち、金融全般の幅広い知識がある専門家です。生活費の「節約術」などにも精通したプロが多いため、将来設計に沿った資金計画を立てたり、保険料の調整をしてくれます。保険の損得勘定だけでなく、ゆとりある人生を歩むために「お金のアドバイス」をしてくれるのが、ファイナンシャルプランナーのお仕事なんです。

 

そもそも生保レディは資格を持たない人が多いという事実も、このとき初めて知りました。ひょっとしたら、あの保険のおばちゃんも?…今となっては知る由もありませんが、それくらい保険については無知だったんです。ただ正直なところ、当時ファイナンシャルプランナーという職業も良く知らなかったので、うまい話で騙されるんじゃないかと心配だったのも本音。「まあ、保険のおばちゃんよりはマシかな?」ということで、妻に言われるまま無料相談を受けることに。。

 

生命保険の見直しで失敗しないたった一つの方法|おすすめの口コミはこちら

 

ところが実際にファイナンシャルプランナーの方とお会いしてみて、イメージは大きく変わりました。保険のおばちゃんみたいに強引な勧誘もなく、押し付けるような口調もまったく感じません。むしろさわやか過ぎて拍子抜けしました。同世代で話が合ったのも好印象でした。私たち夫婦の話をじっくり聞いたうえで、最適な保険プランを提案してくれました。分からないことは何でも教えてくれるので、納得の行く生命保険の見直しができたんです。保険のプロに頼めば、生命保険の見直しでストレスが溜まることは一切ありません。

 

考える時間のムダも省けるし、自分たちでは一生思いつかないような正解が、打ち出の小づちみたいに「ポンッ!」と出て来ることもあります。ただし、それは「優秀なファイナンシャルプランナー」に出会えてこそ、実現することかもしれません。私たちが幸いにも優秀なファイナンシャルプランナーを見つけられたのは「保険の無料相談」が、自宅に居ながらスマートフォンで申し込む事が出来たからなのです。しかも本当に完全無料で相談に乗っていただけました。せっかく無料で相談が出来るという事だったので、2つの会社に申し込む事にしました。何故2社にしたかと言いますと、その理由は2つあります。

 

【理由@】
せっかくの無料相談なので、参考になる意見を頂けるのは多いに越したことはないからです。

 

【理由A】
会社によって取り扱われている保険の種類に差異がある為、2社の無料相談を受けたほうが、生命保険を選ぶ時の選択肢が増えると思ったからです。

 

結果として、2社の保険の無料相談を受けてよかったです。2社の無料相談を受けることによって、知見がかなり増え、迷い無く自分の条件にあった生命保険を選ぶ事が出来ました。勿論、1社だけの無料相談でも十分ですよ。最初は無料ほど怖いものは無いなと思っていたのですが、おもいきって相談をさせて頂いたところ、本当に無料でした。こんなサービスがあるなんて知らなかったのですが、もっと早くに知っていれば無駄な保険の特約や見直しが出来ていたと思います。せっかくなので、私が利用した保険のプロへの無料相談のサイトを2社ご紹介します。良い保険の見直しの参考になさって下さい。

 

管理人おすすめの《保険の無料相談》はこの2社です

おすすめ1社目:保険のビュッフェ

生命保険の見直しで失敗しないたった一つの方法|おすすめの口コミはこちら

保険のビュッフェは何回相談しても一切お金が掛かりません。また、相談したからといって加入を強制される事もありません。相談者の生活状況に合わせた相談をしてくれます。しかも何度も納得いくまでです。相談を受けてくれるファイナンシャルプランナーは「一定の年数を超えた経験者」のみを採用しています。ですので、質の高い提案をじっくりと受けたい方に合っています。全国どこでも好きな時間に自宅や近所のカフェなど、指定した場所で無料の相談が出来ます。

 

■学資保険をご検討の方へ
出産を控えているご家族や、小さなお子さんがいらっしゃる方には、学資保険の検討もオススメします。すでに学資保険へ加入済みの場合も、見直しによって「満期金が増える」可能性もあります。また、子供の教育資金を貯める場合、保険のタイプによっては「学資保険より返戻率が高い生命保険」もあります。でも、そういう情報は保険のプロに直接聞かないと、なかなか知ることが出来ません。生命保険と学資保険は、別々ではなく、同時に見直しを検討しないと損することも少なくないため、ぜひ「学資保険に強いファイナンシャルプランナー」を選んでください。私も今年、新しい家族が増え、保険のビュッフェさんに学資保険を相談しました。保険のビュッフェは学資保険の診断・提案・契約、そしてアフターフォローまで、すべて無料でやってくれるサービスです。口コミで大変評判が良く、評価の高いファイナンシャルプランナーが揃っているので、自信をもってオススメできます。

 

《保険のビュッフェ》詳細ページはこちら

http://www.hoken-buffet.jp/

 

 

おすすめ2社目:保険マンモス

生命保険の見直しで失敗しないたった一つの方法|おすすめの口コミはこちら

保険マンモスのファイナンシャルプランナーは、家や会社など相談者が落ち着ける場所に訪問して頂けます。ファイナンシャルプランナーが希望を聞いてくれ、22社前後の保険商品の中から要望に合った3〜5社の保険を提案して頂けます。保険だけに捉われず、貯蓄方法や将来の不安等、どんな相談にも乗ってくれるので、人生の設計で困っている事や悩んでいる事がありましたら、まずは相談をして下さい。相談料は完全無料ですし、保険のプロのアドバイスを聞くことによってより良い選択ができるでしょう。

 

《保険マンモス》詳細ページはこちら

http://www.hoken-mammoth.jp/

 

 

 

上記2社のファイナンシャルプランナーへの相談はすべて無料なので、たとえ保険契約が成立しなくても、お金は一切かかりませんのでご安心して下さいね。

  • ライフイベントを機に保険を見直したい!
  • 今より安くて最適な保険を知りたい!
  • 保障額を減らさず保険料を安くしたい!
  • ムダな特約がないか調べてほしい!
  • 子供の教育資金を貯めたい!
  • 老後の生活が心配で仕方ない!

 

こんな事を少しでも思っているのでしたら、あなたにとっては、きっとこれ以上ない「強力なサポート」になってくれるはずです。優秀な金融の専門家から話を聞くだけでも、将来の役に立ちます。生命保険の見直しで失敗しない、たった一つの方法は…

 

「資格を持った優秀な、信頼できるファイナンシャルプランナーに相談すること!」

 

これしかありません。保険について分からないことは、自分で調べるより専門家に聞くのが断然早いし正確です。もし今あなたが、ファイナンシャルプランナーに聞いてみたい質問があるなら、まずは気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

豆知識:失敗しない!生命保険見直しの注意点

最後に、生命保険見直しの口コミを参考に注意点をまとめました。ファイナンシャルプランナーに相談するときの質問事項としてもご活用ください。

 

<生命保険の注意点・確認事項>

◎「更新時」に保険料が上がるのか確認する
◎自分たちに必要な「保障額の計算」はしっかり確認する
◎保険の乗り換え時には「無保険の状態」に注意する
◎必ず「複数」の保険見積を比較する
◎保険更新時の「転換契約」について質問する
◎バブル期に契約した「予定金利の高い保険」の見直しは慎重に
◎「高齢者」の生命保険加入は慎重に
◎「三大疾病保険の支払要件」をしっかり確認する

 

<学資保険の注意点・確認事項>

◎学資保険は満期金の「元本割れ」に注意する
◎学資保険は満期金の「受取タイミング」をしっかり確認する

 

 

保険は家の購入に次ぐ、大きな買い物と言われています。注意点も非常に多いので、保険のプロのファイナンシャルプランナーをうまく活用して、より良い保険の契約をして下さい。

 

生命保険,見直し,おすすめ,口コミ